• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

難しい話はもういいんでDXがうまくいく方法だけ教えてください

著者:日淺光博

定価:1,540円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-3962-7 C0033
四六判並製 本文271ページ
2022年5月10日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
ネット書店で購入する
電子書籍を購入する
twitter facebook

社内の「あの問題」「この困り事」が
どんどん解決し、会社がよくなる


DXを
「実施していて成果も出ている」
日本企業は、わずか13.5%。
つまり、
ほとんどのDXプロジェクトが
期待通りになっていないということです。
 
その原因の多くは、
じつは社内のすべての人に
DXを推進することで得られる
インセンティブを
設定できていないことにあります。
経営者も、DX推進担当も、現場の社員も、
自分ごとになっていなければ
どんなプロジェクトも
うまくはいきません。

 
本書は、日本企業数十社のDXを
成功させてきた著者が、
デジタルを「利用」して
生まれ変わったかのように
会社がよくなるために必要なことを
わかりやすくお伝えしていきます。
 
大手コンサルやGAFAなどの「遠い話」ではなく
日本の中小企業メインの
リアルで豊富なプロジェクト事例を
読むだけでもDXの経験値が貯まるように
なっているので、
悩みの尽きないDX推進担当や経営者に役立つはず。
社内や部署内で共有すれば
DX推進を強力にサポートします。


目次より

DXの現実1 経営者の悩み 誰もビジョンについてきてくれない
DXの現実2 推進担当の悩み 縦割りで社内の協力が得られない
DXの現実3 現場社員の悩み システム導入を丸投げされてつらい
はじめに DXがうまくいかない原因は2つしかない

第1章 DXでつまずく会社、うまくいく会社

第2章 読むだけでDXがうまくいく! 部署別ケーススタディ編
営業部のDX
CASE1 スマホ1台ですべての営業活動を行いたい
CASE2 物件の内見から契約までリモート化したい
マーケティング部のDX
CASE3 データ分析を進めていきたい百貨店
CASE4 創業以来の顧客台帳をデータ化して活用を
人事・労務部のDX
CASE5 働き方改革を迫られ対応が急務に
CASE6 乗車前点呼をロボットにサポートさせる
経理部のDX
CASE7 経理業務が遅くデータを有効活用できない
接客部門のDX
CASE8 変化を求められWeb接客を積極導入
CASE9 飲食店にモバイルオーダーの導入を
情報システム部のDX
CASE10 クラウド化で作業効率を高め経費削減を
CASE11 社内資料をフルデジタルで管理したい
経営部門のDX
CASE12 オンライン化し古いシステムを刷新する
CASE13 子どもの教育にロボットを導入してみたい
経営企画部のDX
CASE14 運送のロスをなくしたい

第3章 読むだけでうまくいく! 業界の課題とテクノロジー編
製造業のDX 物流業のDX 不動産業のDX 医療業のDX 教育業のDX 小売業のDX 建設業のDX アパレル業のDX 飲食業のDX 宿泊業のDX

著者紹介

DX専門コンサルティングファーム・株式会社日淺代表取締役社長。DXコンサルタント。大学卒業後、ベンチャー企業2社でITコンサルティングを経験。2012年に起業。公益財団法人九州経済調査協会アドバイザー、三越伊勢丹グループ会社顧問などを歴任。DXコンサルタントとして、直近2年で40社以上のDXプロジェクトに関わり現在に至る。DXに特化した情報発信やデジタル人材育成動画を配信する「GoDX」を運営。

担当編集者より一言

最近は、ニュースサイトにDX、電車に乗ってもDX、メールを開くとDX、どこもかしこもDXだらけの世の中になりました。でもDXを始めている会社の人から聞くのは、なぜか「金はかけたけど、なんだかね」「最初のヤツは頓挫したみたい」「あれ、中断しているかも」というような話ばかり。なんでだろうと思い、大手コンサルや海外の事例が載っている本を読んでみても原因がよくわかりませんでした。
そこで、この2年でDXプロジェクトを数十成功させてきた著者に話を聞いてみたところ、わかりましたよ、原因が。なんとも日本らしい話でしたが、気になる方がいらしたら本書をご一読頂ければ幸いです。
そうそう、業種ごと業界ごとにリアルな事例もたっぷり紹介しているので、これからDX推進担当をする方、「デジタルがわからない」「DXがどうもうまく進まない」とお悩みの経営者の方、「上がDX、DX言ってて不安」「めんどくさそう」とお思いの方にも、きっと役立つと思います〜。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る