• HOMEHOME
  • 書籍の詳細

書籍の詳細

ドクターバク

著者:ゴキンジョ /
絵・構成 :長砂ヒロ /
文・構成:岸田健児

定価:1,650円 (10%税込)
ISBN978-4-7631-4001-2 C8793
B5変型判上製 本文47ページ
2022年7月20日初版発行
注文数:
在庫あり
ショッピングカートに入れる
3-5営業日(土日祝除く)内に発送します
ネット書店で購入する
ネット書店で購入する
twitter facebook

子どもから大人まで、
全ての人のこころを軽くする不思議な絵本

「苦しんだっていいさ。
ぼくがかならず、そばにいる」
 
ドクターバクとは、こころにできたクラヤ実を
食べることができるおいしゃさんです。
 
そんな主人公をもとに描かれる
この物語は、たいせつな人が
もしも苦しみの真っ只中にいるとしたら、
近くにいる人間として
「力になりたいけど、一体何ができるだろう?」
「力になるって、本当はどういう意味なんだろう?」
といったことをテーマに書き上げたものです。
 
そして、本作を手がけていく中で、
作者が気づいたのは、
「どれだけ苦しいかなんて、
本人にしか分からなくて、
そばにいる人間が、
その苦しみを
どうにかしようとすること自体、
間違っているのかもしれない」
ということです。
 
つまり、
「あなたがどれだけ辛いか分かるよ」とか、
「ぼくがその苦しみを半分もらうよ」とか、
そんな言葉を投げかけてしまいがちだけど、
本当は、どれだけ辛いかなんて
本人にしか分かりえないし、
苦しみを半分こにするなんて不可能なのです。
 
だからこそできることは、
「何があっても、
かならずそばにいる」
「ひとりにしないよ」と、
約束を交わすこと。
そして、相手の力を
信じること。
 
そこで、ドクターバクは
本書の中で優しく読者に語りかけます。
「苦しんだっていいさ。
ぼくがかならずそばにいる」と。
 
心細い気持ちや不安な気持ちが
ふわっと軽くなる絵本です。
 
 
◆あらすじ
ドクターバクは、こころにできた
クラヤ実を食べることができる
不思議なおいしゃさん。
 
どんなに苦しいことがあって
落ちこんでいても
ドクターバクにかかれば
たちまち元気になります。
 
だからびょういんは
街のどうぶつたちで
いつだっておおにぎわい。
 
しかし、しばらくして
街に異変が起こるのでした。
 
クラヤ実の数が
ますます増えていき、
それにほんのささいなことでも
街のみんなはドクターバクを
頼るようになってしまったのです。
 
一体、街のみんなに
何が起こってしまったのでしょうか?
そして、ドクターバクは、
街のみんなを救うことが
できるのでしょうか?


著者紹介

「物語をつくる人、みる人の待ち合わせ場所」の総称。現在は主に、オンラインコミュニティ「ゴキンジョ」(https://onl.la/Q1h443c)にて同じ思いを持った数多くの仲間たちとゴキンジョ付き合いをともにしている。

絵・構成 紹介

イラストレーター、作家。アカデミー賞ノミネート作品『ダムキーパー』に、リードペインターとして参加。NETFLIX配信『Go Go コリーカーソン』ではリードカラーアーティストとして参加。現在は独立しプロジェクト「ゴキンジョ」の立ち上げや、ポケモンなどのアニメ作品に参加したり、作品制作、アーティストの育成プロデュースなど精力的に活動中。ゴキンジョの住民のひとり。

文・構成紹介

書籍編集者。39万部突破の『かみさまは小学5年生』や、シリーズ累計30万部を超える『神さまとのおしゃべり』、9万部突破の『命日占い』など、数々のベストセラーを手掛ける。祖父が古本屋を経営していたことから、本作りに興味を持ち、現在の職業に携わることとなった。ゴキンジョの住民のひとり。


担当編集者より一言

今回、担当編集者でありながら、本作の構成と文章を手掛けました。
とんでもなく苦しい時、黙ってそばにいてくれる友人がいました。
その存在が、具体的にアドバイスされるよりよっぽど嬉しかったし、「ひとりじゃないんだ!」って思えました。だからこそ、たいせつな人が苦しんでいたとしたら、ぼくもそんな人間でありたいし、それが寄り添うってことなんじゃないかなと思っています。
そんなことをこの物語では描きました。必要な人に届くことを願っています。
この本の感想を送る

毎月10名の方に抽選で図書カードをプレゼント

twitter facebook
トップに戻る