サキ読み
刊行前の書籍を1章分、まるごと読むことができます。
Google+ twitter facebook LINE
サキ読みについて
ご希望の本の下部にある「サキ読み」にチェックを入れ、お申し込みフォームへお進みください。
複数タイトルを同時にお申し込み可能で、1章分、まるごと読むことができます。お読みになった感想をお寄せくださった方には、抽選で3名様に該当書籍をプレゼントさせていただきます。刊行された書籍に関しては、「立ち読み」ボタンをクリックしていただくと、お使いのWebブラウザでお読みいただけます。
※1.「サキ読み」用のデータは編集中のものです。刊行されたものと異なる場合がございます。ご了承ください。
※2.違法コピー防止のため、印刷、文字のコピーはできません。また、メールでの転載もご遠慮くださいますようお願いいたします。
※3.サキ読み・立ち読みはブラウザビューアを利用します。操作方法・動作環境についてはこちらをご覧ください。

2022年6月中旬刊行予定
  • しなさいと言わない子育て
    サキ読みを申し込む
  • 著者:ボーク重子
    定価:1,540円(10%税込)
    あなたは今日、何回「しなさい」と言いましたか?
    「歯を磨きなさい」「靴をそろえなさい」「ゲームをやめなさい」
    日常にあふれる「しなさい」という言葉。
    これを言わずにすむならば、どんなに気持ちが穏やかでしょう。
    言わずとも自分でやる子なら、親としてなんとうれしいことでしょう。
    でも、それをかなえる子育て法があります。
    「しなさいと言わない」ことから始まる、新しい親子関係を試してみませんか?
     
    「しなさい」という言葉は、じつは子どもから能力を「奪う」言葉。
    子どもに備わってほしい
    「自分を大切だと思う自己肯定感」「自分はできると思う自己効力感」「自分を管理できる自制心」といった能力は、数値化できない「非認知能力」と呼ばれるもの。
    この非認知能力は、認知能力を底上げするのに欠かせないものとして、子どもの教育育児の分野で非常に注目を集めているキーワードです。
    そんな非認知能力を調査・研究し、育児に実践しつづけるパイオニアにして、ライフコーチとして母親たちの悩みや迷いに寄り添い続けるボーク重子。その子育て法の「基本」が「もっとも簡単にわかる入門書」が、初のマンガ版で登場です。
    マンガを読むうちに、子どもとのかかわりのなかで大切にすべきこと、具体的な方法が自然にからだにしみこむ一冊。
    「非認知能力育児」とは、難しいものではありません。これまでの育児のまま、ママの「マインドチェンジ」と「ちょっとしたしかけ」で、今日から子どもが変わる魔法のスパイス。
    これまで尻込みしていた方にはうってつけの「入門書」で、今日の子どもとの時間が激変すること請け合いです。
    勉強は学校まかせでも、家でこそ伸ばせるのが「非認知能力育児」。今日、いますぐ取り組めるものばかり。さぁ、帰宅したらすぐに始めましょう!

2022年6月中旬刊行予定
  • 超DX仕事術
    サキ読みを申し込む
  • 著者:相馬正伸
    定価:1,760円(10%税込)
    「2025年の崖」この言葉は、「2025年までにDXに取り組まなければ、企業は存続できない」ということを意味し、経済産業省が使ったことで一躍有名になりました。
     
    新型コロナウイルスの影響によるテレワークの普及で、この言葉は企業だけでなく「個人」においても無視できないようになりました。
    「ITは苦手」「昔からのやり方で稼ぐ」そんなことは言っていられない世界になってしまったのです。今やITツールを駆使した効率化、生産性向上はすべてのビジネスマンが無視できない議題になりました。
     
    そんな時代にこそ、個人に向けたDX活用術=DX仕事術が求められています。
    本書は、官民をまたにかけて活躍するITツールオタクでDXコンサルタントの著者が、膨大なITツールの中から「超初歩から個人で使えるものだけ」を徹底的に体系化!
    メールからRPAまで、あらゆる仕事の自動化を実現し、生産性が爆上がりするTips満載!
    どこでも働けるテレワーク時代必携の1冊です。

2022年6月上旬刊行予定
  • 今日もわたしをひとり占め
    サキ読みを申し込む
  • 著者:真船佳奈
    定価:1,430円(10%税込)
    仕事、恋愛、結婚、人間関係……
    日々の生活で、何かと他人の目が気になったり、
    自分の選択が世間の「正解」とズレていないか迷ったりすることはありませんか?
     
    本書は、テレ東で働きながら漫画家としても活躍する著者、真船佳奈さんがたどり着いた、自分の世界を守りながら心地よく生きるコツがつまったコミック+エッセイです。
     
    気軽に読めて、クスっと笑える漫画やイラストが盛りだくさん!
     
    本書のキーワードは、
    自分をひとり占めできる「ぼっち時間」。
     
    以前は「ひとり」が怖くて依存体質だった著者が、
    「ぼっち」を人生にうまく取り入れることで、
    自分で自分を満たす楽しさを知るまでの物語です。
     
    〇「ぼっち旅」の楽しみ方
    〇依存体質から抜け出したきっかけ
    〇家族やパートナーとの心地いいキョリの持ち方
    〇自分を好きでいるための副業……
     
    ぜひ本書で、オンリーワンの「ぼっち時間」をみつけてください!

2022年5月下旬刊行予定
  • ノウイング
    サキ読みを申し込む
  • 著者:アンドウミフユ
    定価:1,760円(10%税込)
    イチロー、タモリ、村上春樹、ポール・マッカートニー、J・K・ローリング……。
    これらの人たちに共通する、ある「感覚」とは何でしょうか?
     
    それは、自分がこれから歩んでいく未来、自分がこれから生み出す世界を「すでに知っていた」ということ。
    彼らはある意味において、未来が「見えていた」のです。
     
    それはけっして特別な感覚ではありません。
    あなたのまわりにも、のちに結婚する相手と出会った瞬間に、「電流に打たれたようにそのことがわかった」という人、あるいは根拠も実績もないのに「このプロジェクトは成功する」「この商品は売れる」という確信をもっていた、という人がいるのではないでしょうか?
     
    そのように未来に起こることを、あたかもすでに体験したように〝知っている〟こと。
    その感覚を本書では、〝ノウイング〟という言葉を用いて表現しています。
     
    目標をしっかり定め、それを実現するために全力で進んでいく、というのがこれまでの「目標達成」のセオリーでした。
    しかし、そのように目標にたどりつく人はほんのひと握りです。
     
    頭でひねり出し、無理やり設定した夢や目標は、本来あなたが進むべき道ではないことが多いのです。
     
    「目標は立てるものでなく、見えてくるもの」————〝ノウイング〟の世界を知ると、人生のあり方、生き方が大きく変わっていきます。
    未来からやってくるメッセージを受け止め、未来に導かれて生きるようになるからです。
     
    本書では、〝ノウイング〟という新しい生き方の指針へとみなさんを導くとともに、その感覚を手に入れるための「実践的方法」を紹介します。
     
    ノマドワーキングの先駆者がたどりついた「願望実現」の新天地
    その扉を開けるとき、あなたの〝最高の未来〟がきっと見えてくる!

チェックを入れた本のサキ読みを申し込む


Google+ twitter facebook LINE
トップに戻る